読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEOとSEMの仕組み

挨拶もなしにスタートします。



SEM

SEMとは「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略語。

リスティング広告SEOなどの検索エンジンに関するマーケティング施策のすべてを指し、画像検索や動画検索など、あらゆる検索方法に対する施策も含まれます。

 

Youtube動画が検索結果に表示されることも多いため、

テキスト記事だけでなく動画のマーケティング施策も考慮するべきでしょう。

 

SEO

検索エンジンの検索結果画面には「自然検索結果」と「広告枠」の2種類の表示枠があり、一般的なSEMはこの2つの表示枠に対しての施策となる。

 

「自然検索結果」の施策にはSEO、「広告枠」の施策はリスティング広告となる。

 

SEMの一つの手段としてSEOが存在している。

 

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

 

Google検索エンジンアルゴリズムにHPを最適化させ、検索エンジン上で露出を増やすこと。

 

ユーザーファーストを掲げているGoogleは、過去のブラックハットSEOが効かなくなり、ホワイトハットSEOが主流となっている。

 

リスティング広告

検索結果画面の広告枠で、検索キーワードに沿った広告が表示されるので、

検索連動型広告」と呼ばれる。

入札式の広告で、設定キーワード、広告タイトル&文章、金額などの様々な要素を考慮して表示される広告が決定されている。

 

GoogleAdwords、Yahoo!プロモーション広告ともに、ガイドラインを参考にするとよいでしょう。

 

検索上位の仕組みは、基本的に200以上のGoogleアルゴリズム原因によって決められており、Yahoo!GoogleGoogleアルゴリズム原因によって順位が決定されているため、ほぼ同じ順位となる。

 

中でも特に重要な要因を記載します。

 

検索上位のクリック数・クリック率

検索結果1ページ目と2ページ目はクリック率がかなり変わり、

タイトルやメタディスクリプションによってもクリック数は変わります。

 

Googleアルゴリズム

これが検索順位を決定する要因です。

適切にSEO対策することで上位表示の可能性が高まります。

 

アルゴリズムの検索上位のアルゴリズム要因の上位はこちら。

 

1.被リンクドメイン数 

2.発リンク数

3.被リンク数

4.発リンク数(内部)

5.被リンク数(内部)

7.総単語数

8.ユニーク単語数

9.ページランク

10.被リンク数(外部)

11.キーワード出現数

 

つまり、大事なのは、

被リンク数、内部リンク、キーワード出現関連、単語関連

 

被リンク数

Googleアルゴリズムで最も重要な要因です。

あらゆるドメインから被リンクを増やし、被リンクの質を高めながら、検索上位化しやすいサイトにしよう。

 

内部リンク

内部リンクを最適化し、評価されやすいサイトにしましょう。

参照リンクを適切に増やし、サイト内にページ追加しながら、ユーザー・クローラーが回避しやすい際t構造を作ることが大切です。

 

キーワード出現関連

SEOキーワードの出現を最適化し、キーワードに特化したページを作成しましょう。

 

単語数関連

テキスト量を増やすことで、単語数が最適化されるため、「Googleの1ページ目に表示されるコンテンツの平均単語数は、1890語」とされている。

 

Googleガイドライン

これを参考にすることによって、評価されやすくなります。

 

Google検索エンジンスターターガイド

内容としては、SEOの基礎、サイト構造の改善、コンテンツの最適化、クローラーへの対処、モバイルSEO、プロモーションと分析、

 

Google HTML/CSS style Guide

一般的なスタイルルール、一般的な書式ルール、一般的なメタルール、HTMLのスタイルルール、HTMLの書式ルール、CSSスタイルルール、CSSの書式設定ルール、CSSメタルール、が内容です。

 

Googleの方の言及内容

下記のポイントになります。

1.200以上のアルゴリズム要素で決まる。

2.そのキーワードを検索したユーザーに役立つサイト

3.ユーザーの意図に沿った関連性の高いコンテンツ

4.ユーザーにとって有益なサイトをつくること

5.検索エンジン最適化スターターガイドを読むべき

6.ユーザーの行動の変化をヒントにした新しいコンテンツを考える

7.クロールとインデックスの仕組みをしっかり理解する

8.モバイル対応したサイト作成

9.サーチコンソールに登録する

 

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン

このガイドラインは、Googleがサイトを認識し、インデックスに登録し、ランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助けとなるサイト作成ガイドです。

 

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) - Search Console ヘルプ

 

このガイドラインに準拠しないサイトは、最悪Googleの検索結果から完全に削除される可能性があります。

 

検索結果の品質を評価するためのガイドライン

このガイドラインの内容は、

1.Google検索品質評価ガイドライン

2.日本語訳と対象版について

3.ページ品質評価ガイドライン

4.モバイルユーザーのニーズを理解する

5.ニーズメット評価のガイドライン

6.ガイドラインの概要(順不同)

 

Official Google Webmaster Central Blog: Updating Our Search Quality Rating Guidelines

 

 

他にも、下記も参考になります。

 

オーガニック検索を増やす方法とSEO対策について

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

 

 

これらの上記に記載している内容は最低限の内容になりますが、

Googleの評価基準に準拠するため、効果的であることは間違いありません。

 

被リンクはなかなか難しいところですが、

内部リンクとキーワードの使い方は、最低限注意をしていきましょう。